【三方よし事業とは】

   

   ハッピートライアングルを広める!!!

   三方よしキャラクターエフちゃん、アイちゃん完成しました。


弊社発行物「三方よし通信」

更新日:2017年5月1日


【ハッピートライアングルとは‥】相乗効果を発揮する組織の構築をめざす経営手法

江商人「三方よし」をベースにした経営手法であり、

当社の経営理念です。

世間」、「買い手」、「売り手」の三方、

私たち」、「あなた」、「わたし」の三方が

相互に理解し合い、相乗効果を発揮する組織の構築を目指し、

三方よしコーチ陣が、時代が変わっても変わることのない

原理原則を大切にし、独自のメソッドで経営支援を行なっています。

 

当社の研修で使用するレジュメ、演習等は、

自社で制作・開発を行っているため、

受講者に合わせたアレンジが可能です。

 

 

大きな特徴としては、ワークショップが豊富で、演習を通じ、受講者自らの力で気づきを得られる研修スタイルです。

研修にあまり良いイメージを持っていないという方からも、楽しく分かりやすいと好評いただけています。

また、三方よしコーチ陣は、ティーチング(教える)<コーチング(導く)スタイルを心がけています。

どんな方とも、横のつながりを大切にしたいという想いがあるためです。

 

ハッピートライアングルな組織の構築を目指す上で、各階層のレベルが同じとは限りません。

そのため、事前にお話を伺ったり、無料セミナーの開催をおすすめしております。

答えのない激流と呼ばれる時代に、時代の変化に対応すべく、最強の組織風土の構築をめざし、

お客様のスタイルに合わせた支援内容をご提案させていただきます。 明確な課題をお持ちでなくても大丈夫です。無料診断いたします。

 

時代が変わっても変わらない原理原則とは?

相互理解 ②相互支援 ③相乗効果

この3つを三角形の図に表したものを、ハッピートライアングルと呼んでいます。

 

ハッピートライアングルの各階層について説明します。

 

互理解

大切な4つのポイント

関心 ②受信 ③発信 ④変換

 

「関心」とは、相手の関心事に関心を持つこと。

「受信」とは、相手の話を固定観念なしで素直に最後まで聴き、相手を理解すること。

「発信」とは、自分の意見や考えを最後まで話すことで、自分を理解してもらうこと。

「変換」とは、相手から発信された言葉や態度の背景、意図、目的などを正確に変換する能力。

         また、自分の意図や目的を適切な言葉、表情、態度に変換して発信すること。

 

互支援

得手不得手相互啓発 

得意なところは伸ばし合い、苦手な部分は補い合う。遠慮しない。

自己啓発は自分のためですが、相互啓発は私たちのためです。

 

乗効果

承認(Yes)重ねる(and)方式

相手の意見を否定しない。会議は意見を重ね、第3の案を生み出す場です。

 

ハッピートライアングルを実践できると、会議の場が楽しいものになります。

仕事はもちろん、プライベートでも生きると評判です!ぜひ一度、この機会に体験してみてください^ ^


【三方よし】売り手よし・買い手よし・世間よしとは?

業の社会的責任(CSR)の源流といえる考え方です。実は「三方よし」と言われ出したのはつい最近のこと。1991年に発足した滋賀県AKINDO委員会が近江商人を研究し、多くの近江の商家で受け継がれてきた家訓の共通点を「三方よし」とまとめました。2001年滋賀で開催された「世界AKINDOフォーラム」において、滋賀県の知的資産として発信したことで、一躍脚光を浴びることになったということです。

 

方よしの語源として有名なのは、五個荘商人の中村治兵衛家の書置きです。

「他国へ行商するも全て我がことのみと思わず、其の国一切の人を大切にして、私利を貪ることなかれ」

ケータイもスマホ自動車もない‥情報・交通が現在のように便利ではなかった時代、遠方へのコミュニケーション手段は飛脚でした。ご商売も天秤棒を担ぎ、他国へは歩いて大行列をなしての行商でした。また、日本各地で争いが耐えなかった‥そんな時代に、行商先の他国の人のことを大切に思い、地域に貢献すると言う考え方は、なんと斬新で素晴らしかったことでしょう。近江商人の発展には、新進気鋭の考え方が根付いていたといえるでしょう。


【自立型人材の育成】経営者と同じ判断ができるチームに

業者から受け継いだ「三方よし」の精神を大切に

ハッピートライアングル 〜相互理解・相互支援・相乗効果〜

 

も昔も変わらない原理原則に基づき激流を乗り越える最強の組織風土を構築します。トップダウン型マネジメントの時代は終わりました。現場で経営者と同じ判断ができるスタッフの育成が、相乗効果を発揮できる最強の組織風土といえます。


【なぜハッピートライアングルなのか?】結果として地域を元気にします!!!

だ昔と同じように「三方よし」と言っていたのでは、すでに時代遅れで当たり前の考え方です。そこで私たちは、近江商人が大切にしていた考えの中から、今も変わらない原理原則を大切にし、現代風にアレンジしたものを「ハッピートライアングル」と名付けました。

 

ッピートライアングルな組織風土が広がることで、企業発展、家庭愛和はもちろんのこと、一人一人の個性が発揮できるようになります。組織に良い文化や軸が生み出され、共通する言葉が飛び交い、会議の場は承認し合い、意見を重ねられるようになるので、充実感が増し、社内が明るくなります。そして活躍の場は社内外問わず、主体的にハッピートライアングルを発揮できる、リーダー・チームを輩出することに繋がると確信しています。企業発展だけでなく、結果として地域を元気にします。

ざすは世界平和!!!


【ご支援内容】まずは無料診断から

織風土改革

 各種研修・セミナーを通じて、激流の時代を乗り越える組織風土を構築します。

 ◯ ビジネス演劇を通じて、理念・方針等を根付かせます。

 ◯ 脳トレを通じて、個々の潜在能力を引き出します。

 ◯ 様々なゲームやディスカッションを通じて「気付く力」を養います。

 

営会議支援・ブランディング

 ◯ 経営会議・営業会議が活性化するようサポートします。

 ◯ 企業の強みを活かした他社が真似できないブランディングを構築します。

 

人面談・コーチング

 ◯ 個人面談を通じて、個々に気付きを促します。

                            ◯ コーチングを通じて、個々の潜在能力を引き出します。